お尻のニキビにもメルラインを塗っています

お尻も皮脂腺が多い部位

<メルライン
ニキビは皮脂腺のあるとこは身体中どこにもできますが、お尻も顔と同様に皮脂腺が多くあり、皮脂の分泌が活発なので、過剰に分泌された皮脂が毛穴を詰めてしまい、溜まった皮脂を餌に集まってきたアクネ菌が繁殖を起こして炎症を引き起こしニキビができてしまいます。

 

座ると体重をほとんど腰とお尻で支えていることになるので、肌への負担が大きく、この刺激からお尻を守るために皮膚が硬くなります。

 

この皮膚が硬くなることにより、毛穴が塞がりやすい状態となりアクネ菌の温床になりやすいのです。

 

お尻は、皮脂腺が多いことに加えて、常に下着に覆われているために汗をかいてムレやすいので、他の身体のパーツと比べると、清潔に保つのがとても難しい部位なのです。

 

生活習慣の乱れも原因の一つです

ストレスをためていたり、睡眠不足で体内のホルモンバランスが乱れやすくなっていると、自律神経のうちの交感神経が優位になり、長い時間皮脂の過剰分泌や血行不良を招いてしまう危険性があります。

 

 

お尻にできるニキビを予防と改善する対策

下着は毎日肌に直接触れるものなので、肌に合わない素材や合わないサイズの下着はダメージを与えます。

 

サイズの小さい締め付けの強い下着はやめて、適度なゆとりのあるものを身につけるようにしてください。下着の素材は綿やシルクなど通気性の良い天然素材のものがたいへんおすすめです。汗をかいたらお風呂に入り、しっかりと洗うのですが、擦り洗いは炎症をさらに悪化させてしまうリスクがあるので絶対にやめておきましょう
シャンプーやリンス、コンディショナー、ボディーソープを使用した時にできた泡をそのまま洗い残していると、刺激を与えてしまいニキビができる原因になりますので、身体をすすぐ時にはしっかりと洗い流すことが大切です。

 

生活習慣は、睡眠時間を十分に取りなるべくストレスを溜めずに発散するように心がけてくださいね。肉やジャンクフードなど脂っこい食べ物や甘いものは控えて、ビタミンやミネラルが豊富に含まれる野菜や果物、海藻中心の献立をしてください。

 

顔と同様にビタミンC誘導体やグリチルリチン酸ジカリウムなど有効成分が配合された化粧水を使い、入浴後にお手入れすることも効果的です。

 

身体の中からと外からケアをすることで、肌のターンオーバーが正常に働くようになり古い角質や皮脂汚れが自然と剥がれ落ちるので、ニキビは改善されて次第に目立たなくなってきます。

 

私は顔同様、お尻のニキビもメルラインを塗っています。

 

メルラインは抗炎症作用がある成分が含まれているので、塗ると翌日すっと赤みが消えてくれます。

 

やばい!お尻にニキビができた!というときには即メルラインを塗るようにしています。顔は予防の為にもメルラインでスキンケアしています。