クレンジング,洗顔を正しくしましょう

メルライン

顎やフェイスラインは特にニキビができやすく、皮膚科に行ったり市販の薬を使ってもなかなか治りにくいものです。

 

顎やフェイスラインは乾燥しやすく、乾燥すると毛穴に皮脂や汚れがつまりやすく、ニキビができやすい状況になります。

 

つまり、保湿を行うことが重要になってきます。

 

ニキビができる原因には他にもあります。

 

ストレスなどでターンオーバーが乱れると古い角質が毛穴に詰まりやすくなったり、加齢によっても乾燥でターンオーバーは乱れます。

 

また、顎やフェイスラインは汗をかきにくくお肌が乾燥した状態となり、乾燥すると過剰な皮脂分泌の原因となります。

 

毛穴が小さいことも皮脂が詰まりやすい原因となります。

 

メルラインは、高い保湿効果でお肌の潤いを保ち、お肌のサイクルを正常な状態になることをサポートします。

 

メルラインは10種類の保湿成分が、徹底的に保湿を行います。

 

しかし、全ての方が最初から効果を感じることができるというわけではなく、保湿効果の高いメルラインを使ってもニキビが治らす、中には悪化する方もいます。

 

悪化する理由は個人差がありますが、共通点があります。

 

まず、洗顔後の洗い流しをしっかりとしていないということです。

 

しっかりと洗顔しても洗顔料を落としきれずに成分がお肌に残ってしまうと菌が繁殖してしまい、いくら丁寧にスキンケアをしてもその効果を発揮してくれません。

 

また、洗顔料で一日に何度もゴシゴシ洗うことで、保湿力が低下して毛穴の詰まりを悪化させてしまいます。

 

どのような種類のクレンジング剤を使っているかも重要です。

 

オイルクレンジングは、毛穴に残ってしまいアクネ菌の繁殖を促進してしまいます。

 

日中のメイクをする時、リキッドファインデーションを使用すると皮脂と混ざり合い酸化します。

 

その結果、ニキビの悪化をまねくことがあります。

 

メルラインをより効果的に使うためには、正しい洗顔方法とクレンジング、化粧品で刺激をしないようにする、といことが大切です。