毛穴ケアをしっかり行った上でメルラインを使用することがポイント

メルライン

 

ニキビを減らしたくてメルラインを使っているのに効果が無かったという、ニキビケア効果が上手く効かない人も中にはいます。

 

それはアクネ菌の温床となる皮脂が、どういう理由で顔から出ているか次第で、ニキビケア効果が発揮されるか分かれてくるためです。

 

肌が乾燥しているために皮脂が大量に出てしまっている人は、この製品を肌に塗布するだけでも、保湿作用が発揮されて皮脂の分泌量を減らせます。

 

しかし食事で脂肪分を摂取しすぎていると、保湿作用を肌に与えているにも関わらず、皮脂の分泌が増え続ける事になりかねません。

 

皮脂が増えすぎるとニキビケア用品の効果を発揮しにくくなるので、メルラインを塗布する前に、まずは肌のクレンジングを行う必要があります。

 

しっかりと肌を洗った後であれば、皮脂が多いという肌の特徴を持つ人であっても、保湿作用とニキビケア効果を実感しやすいです。

 

この製品は洗顔後の保湿ケアとしても使われているので、かなり洗浄力が強いクレンジング用品とも相性が良いです。

 

脂っこい肌質をしていてメルラインが効かない人は、脂質の多い食事を減らすか、クレンジング用品を買い換えてみてください。

 

普段からクレンジングケアを雑に行っているせいで、皮脂の詰まりが酷くなってしまっている人の中にも、メルラインが効かない人が多いです。

 

毛穴が詰まっていると保湿作用やスキンケア効果が上手く肌に浸透せずに、ニキビの原因となるアクネ菌が、毛穴の中に残ったままになってしまいます。

 

その状態でニキビケアを行っていても、アクネ菌が再びニキビを作ってしまうために、思ったような効果を発揮してくれない事も珍しくありません。

 

ニキビケアの作用が上手く効かない人は、毛穴に皮脂の詰まりが起きていないか確かめて、まずは毛穴のケアを始めるようにしてください。

 

皮脂の詰まりが取れてスッキリとした状態の毛穴であれば、保湿作用などもスムーズに発揮されて、顔のニキビが増えないように対処しやすくなります。